再生可能な農業とは?
ロデール研究所とは?
ニューファームとは

英語版トップページ

ホーム アメリカ ジェイソンの世界冒険 インターナショナル 掲載記事一覧

農業経済 一般教書演説
第3部: 新しいタイプの農業者

ミズーリ大学名誉教授ジョン・イカード

11月9日、ミズーリ大学農業経済学部ジョン・イカード名誉教授は、ワシントン州ヤキマで開かれた「農耕生産者会議」において基調講演を行いました。彼はその講演『最先端の家族農業』で、工業的農業と、「新しいアメリカの農業者」と彼が呼ぶものの出現について鋭利な分析を与えています。

この講演を3部に分けて掲載しています。第1部でイカード教授より、企業がアメリカ農業への支配力を強めた結果、利益搾取的な契約農業、農家の収入の減少、輸入食物への依存の高まり、そして農村地域の汚染が引き起こされたことが説明されました。第2部では、農業者、動物、地域社会、そして環境に対し、害を与えることのない良い農業を支持しようとするアメリカ人が現在増えつつあることについて説明されました。

第3部でイカード氏は、地域社会、共同作業と世話役的な責務の遂行(注1)に関心を抱く、新しいタイプの農業者の出現について説明しています。

第1部 2002年11月27日:工業的な農業の論理的帰結
第2部 2002年12月3日: 関心が高まる持続可能な農業


2002年12月13日: 一世紀にわたった農業の企業化は終結へ
今日、農業の企業管理が益々増大しています――が、このことは、もはや、産業的な生産方式の観点から見て、益々効率が高くなり、益々生産コストが低くなることを反映するものではありません。むしろ、巨大企業が農産品の世界市場を支配することによって、利益を上げる能力を反映するものです。農業の企業化とは、一世紀に渡る農業の工業化をその論理的帰結にまで至らせ、迫り来る農業の工業化過程の終極点を意味するものなのです。企業化の後には、根本的に異なった何かまったく新しいものがやって来るでしょう。かくして農業の企業化は、農業にとって、新しい、根本的により優れたパラダイム、すなわち持続可能な農業が発達するきっかけを作り出すのです。

情報源

50件の新しい農業者の生活の実例を見るには: 新しいアメリカの農業者−農業技術革新の素描、持続可能な農業の研究と教育プログラム(SARE)、米国農務省、ワシントンDC、10米国ドル。
電話: 802−656−0484 
Eメール:
sanpubs@uvm.edu
オンラインでも無料で閲覧できます:
www.sare.org/newfarmer.


イカード博士の論文の全リスト:
www.ssu.missouri.edu/faculty/jikerd/


イカード博士を講演に招いた「ワシントン農耕生産者」に関してもっと詳しく知りたい方は:
www.tilthproducers.org

新しいタイプのアメリカ農家
ありがたいことに、農業にとってこの新しくより優れたパラダイムを発展させるために、新しいタイプのアメリカ農業者が出現しています。それは、農業の工業的な形態が生態系と社会に与えるマイナスの影響について、益々大きくなってゆく懸念に応じて現れたものです。この新しい農業者は、農業の生態学的、社会的、そして経済的な持続可能性ということに関心を抱いています。他方また、この新しいタイプの農業の成功は、食品の安全性、品質、安定供給にとって、そして家族農業の将来にとって、重要な関わりを持っているのです。

新しい農業の特徴――@農家は大地に仕える者
新しいアメリカの農場のための「青写真」といったものはないのですが、基本的な特徴がいくつか明らかになってきています。第一に、このような農場で働く人びとは、自らを「大地に仕える者」と考えています。彼らは土地を世話し自然環境を保護することに身を捧げています。土地に対する深い敬意と、土地を世話する責任感を持っています。自然を管理し支配するのではなく、自然と共に仕事をするのです。自分たちが好む農法に自然を合わせようとするのではなく、土地と気候に農場を調和させるのです。自然が多様であるために、農業の運営は、慣行農業に比べてより多様なものとなっていきます。その多様性とは、種々の穀類及び家畜を用いた企画事業、輪作と 被覆作物、あるいはよく管理された家畜の放牧システム、と農場のタイプによって様々な意味を持ち得るでしょう。多角的に運営していくことによって、この新しい農業者は、殺虫剤や化学肥料、その他農場の収益を搾り取り環境を脅かす市販の投入物への依存を減らすことができます。その農場は、生態環境的により健全であるだけではなく、経営的にもいっそう存続能力の高いものなのです。そこでは自然との調和の中で作業が行われるからです。

新しい農業の特徴――A人を尊重する心を持ち人間関係を重視
第二に、この新しい農業者は人間関係を築きます。慣行農家と比べ、より直接的に、顧客と接触することになります。ほとんどの場合、農産品を直接顧客相手に販売するか、あるいは代わりになって顧客と接触する代行者を通じて販売をします。消費者としての私たちは各々異なったニーズや嗜好、好みを持っているので、同じものでも違った評価をするということを彼らはよく知っています。 顧客が最も高く評価するものを彼らは生産するのです。彼らは、人を尊重する確固とした感性をもち、人間関係の大切さを認識しています。手早く利益を上げるために顧客につけ込もうとしたりせず、長期間に渡った人間関係を作り出そうと努力しているのです。彼らが相手にするのは、自分たちの食品がどこからやって来てどのように生産されたのかに関心をもつ人々、地元で栽培され、有機、自然順応で、人間味のある育てられ方をしたものか、ホルモンや抗生物質を使っていないものか等々、そうしたことを気にかける人々です。そして、顧客に値打ちがあると評価される食品を生産することによって、その謝礼としての価格を受け取るのです。彼らの農場は、生態環境的により健全で社会的責任を果たすだけではなく、より一層の収益をもたらします。

新しい農業の特徴――B互いの成功のために助け合う
互いの成功のために助け合うこの新しい農業者は、猛烈な独立心を持つ農家として、現状に対して固定観念的な農業者に挑みます。そして、情報や励ましを自由に他と分かち合います。備品を購入し、農産品を加工処理して販売に出し、自分だけではどうしてもできないことを一緒になって行うために、協力関係や協同組合を形成します。営利のために出し抜き合うことなどせず、互いの成功のために助け合おうと努力するのです。目先の利益を求めて互いに利用し合うことを拒否し、長い年月に及ぶ人間関係を築こうと努力するのです。彼らは必要品を地元で購入し、土地に密着した販売を行います。人々を共に、経済や生態環境、そして社会の福祉に貢献する積極的で生産的な人間関係の中に導き入れるのです。人々に対して経済的理由だけではなく、個性を重んじ、善き人間関係を築き上げ、維持していくことを望むのです。

新しい農業の特徴――結論:新しい農業者にとって、農業は生き方そのもの
最後に、この新しい農業者にとって、農業とは生計を立てる一手段であるだけではなく一つの生き方を表明するものです。彼らは「生活の質(クウォリティ・オブ・ライフ)」を追求する農業者です。彼らにとって農場は、良き生活の場所――健全な環境に恵まれ、家族を育てるのに良い所、そして互いを思いやるコミュニティの一員となるために適した方法を提供してくれる場所なのです。その農場の多くは、申告される農場の総収入に加えて、何万ドルかに相当する利益を生み出しています。「生活の質」が目指すものは、農業の運営を行い経済利益を得るという目的と比べて、同程度かあるいはそれ以上に重要であるのです。彼らにとって農業とは、自分がやりたいこと、善いと信じること、情熱を注ぐ対象となること、そうしたことを反映するものであり、単に利益を上げるためのものではありません。目的意識と自身の人生の意味というものを通じて、彼らは精神的に結びついているのです。いずれにせよ、彼らの農産物は良質で、情熱でもって最善の仕事をし、コストも少ないので、かなりの収入を得ることができるのです。しかしより大切なことは、心底好きな生き方をしているがゆえに、彼らはより高いレベルの「生活の質」を享受しているということなのです。

真の家族農業:最新の定義

アメリカのこの新しい農業を運営している人々は、「夫婦と子供たち」といった固定観念的な「家族農業」のイメージに一致しているかもしれないし、一致していないかもしれません。たいていはその通りでしょうが、明らかに一致しない人々も数多くいます。いずれにせよ、非常に重要な点において、この新しいアメリカの農業は真の「家族農業」なのです。 真の家族農業において、農場と家族とは一体のものであり、各々が部分となり全体を形成します。新しい形態の持続可能な農場で、「家族」というのは、一個人の場合もあれば、二人かそれ以上の血縁関係あるいは血縁関係のない人々の集まりである場合もあり、伝統的な「家族」概念と必ずしも同じではないのですが、いずれにせよその「家族」は、土地と切り離し得ないものなのです。持続可能な方法で農業を行うために、農業者は、土地と、その土地に仕える人間としての関係を持たなければなりません。農場と農業者とは気持ちが通じ合っていなければならないのです。

「 新しい持続可能な農業を行うこのアメリカの人びとは、真の意味での「家族農家」です。彼らは土地に仕える人びとであり、人間関係に価値を置き、経済的にも社会的にも精神的にも、一層望ましい生活の質を追求しているのです。この新しいアメリカの農業は『最先端を行く家族農業』なのです。」

農場は家族を反映する
真の「家族農業」にあっては、生産活動、市場販売方法、農場経営などの農場経営組織は、「家族」の能力と抱負と調和したものでなければなりません。家族の能力と抱負の変化に伴って、農場経営システムも変化して行きます。 農場は家族を反映するものなのです。真の「家族農業」では、家族がすべての重要な決定を行い、その決定は家族の倫理的、社会的価値観と合致していなければなりません。農場と地域社会との関係は、家族の地域社会に対する関係と一貫性のあるものでなければなりません。農場経営の倫理的原則は、家族の倫理的原則と一致していなければなりません。農場は家族の反映です。単に家庭の出費をまかなう金を稼ぐだけの農業ビジネスは、真の家族農業ではありません。真の「家族農業」においては、家族、近隣関係、地域社会、社会的責務、そして一市民であること、それらすべてが重要なのです。真の家族農業とは、単なるビジネスの枠を遥かに超えるものです。それは真実、一つの生きざまなのです。

最先端を行く家族農業――より質の高い生活を追求
新しい持続可能な農業を行うこのアメリカの人びとは、真の意味での「家族農家」です。彼らは土地に仕える人びとであり、人間関係に価値を置き、経済的にも社会的にも精神的にも、一層望ましい生活の質を追求しているのです。この新しいアメリカの農業は「最先端を行く家族農業」なのです。

事実、何千もの新しい家族農家が存在します。彼らは、農業と社会の最先端に位置し、農業を営むことにおいて、また生きることにおいて、新しくより優れた方法を生み出しているのです。自らを、有機的、生物力学的、生態学的、自然的、全体論的、実践的、技術革新的と彼らは名付けるかも知れないし、そのいずれでもないとするかも知れませんが、いずれにせよ、すべて同じ基本目的を追求しているのです。彼らは新しいこれまでとは違った種類の農業の前人未踏の最前線にいます。その農業とは、現在の必要性を満たしつつも、同等かそれ以上の機会を未来に残すことのできる農業、すなわち持続可能な農業です。この新しい家族農業を行う人びとは苦難や困窮に直面し、道を進む過程では数々の失敗もあります。 未踏の地を開拓する者にとって人生が安易であることは滅多にありません。しかしながら、益々多くの家族農家が増えつつあり、かつ成功への道を見出しつつあるのです。

持続可能な農業は、思考しつつ行う農業
持続可能な家族農業は、思考しつつ行う農業です。それは、観察したことを伝達可能な情報へ、その情報を経験知識へ、その知識をものごとの理解へ、その理解を知恵へと変換できる能力を必要とするのです。農業は、狩猟と採集の次に来る最初の段階として特徴づけられてきました。しかし、歴史的には、農耕はまだ、低レベルの技術と最小限の思考があればほとんど誰でも行うことの出来る仕事であったと考えられ、その後、工業化が「アグレアリアニズムagrarianism(土地均分論[運動]/農地改革論[運動]/農民生活向上運動)を越える、それゆえ、農業を越える次の段階として語られたのです。より高い技術を要する工場での作業は、農作業の一つ上の段階にあるものと見なされました。しかしながら、持続可能な農業とは、高度の技術を要する工場作業のさらに一段階上にあるもの、「精神を積極的に働かせる作業(マインド・ワーク)」です。確かに、この新しい持続可能な農業システムには身体的につらい作業も含まれますが、その成功は肉体的労働よりも精神的思考に負うところの方が遥かに大きいのです。

「 持続可能な家族農業は、思考しつつ行う農業です。それは、観察したことを伝達可能な情報へ、その情報を経験知識へ、その知識をものごとの理解へ、その理解を知恵へと変換できる能力を必要とするのです。」

持続可能な農業は、脱工業化のパラダイムと調和
持続可能な農業は、経済的発展と人間の進歩に関する脱工業化のパラダイムと非常によく調和するものです。持続可能な農業はさらに、理解と知恵を必要とするという点において、「知識と情報の蓄積に基礎を置く」発達という「脱工業化論」の地平を越えて行きさえもするのです。持続可能な農家は、有益な個人的サービスと社会的利益を提供しますが、それには、知性だけではなく倫理意識と社会的責任感が必要です。新しい家族農家の人びととは、単に思慮深くて思いやりがある人というだけではなく、 「思考しつつ働く人」(あるいは「仕事をしつつ思索する人」)なのです。彼らは、生産性の身体的、精神的、そして霊的次元を結合するのです。経済学者の中には、農業は工業化の及ばないところに行くので、必然的にアメリカは農業を捨てなければならない、と提案している人もいます。とは言え、アメリカには、未来への新しいビジョンをもたらしてくれるこの新しい種類の農業をどうしても受け入れる必要があるのです。

持続可能な農業は、本来、機械学的ではなく生物学的なもの
持続可能な新しい家族農家が行う持続可能な農業のパラダイムは、トフラー、ドラッカー、ライシュ、その他、人間進歩の過程に関して脱工業化の時代を唱えた人びとの未来像と合致するところはまったくありません。専門分化的・分割化的ではなく、全体論的、調和統合的なものです。多様で力動的で場所に応じた特異性を持つものであり、標準化されたお決まりのものではないのです。 その経営管理は局所集中的かつ相互依存的であり、広域的、中央統制的管理ではありません。持続可能な農業のモデルとなるのは、本来生物学的なものであり機械論的なものでないことは明らかです。 そこでは大きさは働きに一致していなければならないのです。間隙市場を標的とすること、土地と資本への依存度をより少なくすること、知識集約型運営、実地の経営参加、機能に応じた大きさを決めること、小さいほど良いということなど、未来に関するこれらのビジョンは、すべて持続可能な農業の未来像と一致しているのです。

新しい目で食糧の安全確保を見る: 鍵となるのは持続可能な農業者

食糧自給ができていれば国家の安全は保障される
この新しい家族農業が存続し成功するかどうかは、それを行う農業者次第のことであり、政府や業界に依ることではないでしょう。家族農業の人たちが、政府への依存を益々大きくしてしまったら、独立を維持することはできません。農業者は、農業関連企業の「雇われ人」となることによって独自の農園生活を維持することはできません。農場は、農業者の経済的社会的諸関係が自らの選択に基づく関係であり、選択の余地のない宿命的関係でない時に限り、その安定が確保されるのです。農場の存続が、一旦、請負業者、銀行家、弁護士、あるいは政府に依存するものになると、もはや農場の安全確保というものはなくなってしまいます。国家は、危機的状況にあって食糧を自給することができる時にのみ、その安全が保証されるのです。一旦国家が、多国籍企業に食糧供給を依存するようになると、その国家の安全は保障されなくなるのです。

生存のためには地元農家に頼ること
事実、国家の長期食糧安全保障は、世界規模の産業的食糧供給システムとの関係を断ったこの新しい家族農業者の手中にあります。将来何らかの地球規模の危機に見舞われている間、私たちの生存そのものを地元農家に頼らざるを得なくなるということも十分考えられます。もしそうであるなら、なおさら一層のこと、経費のかかる市販の肥料農薬に頼ることなく、自然と共に仕事をしながらより多く生産する術を知っている農業者が必要となるでしょう。そしてもしそうであるなら、近隣の人びとや顧客と直接の関係を発展させている農業者――つまり、必要経費を抑えるだけではなく、地元の顧客に直接販売することにより、自他共に有用性をもたらしている農業者――が私たちにはより一層必要となるでしょう。私たちには、土地に心を配り、人びとのお世話に心を砕き、国のことに心を痛めるようなさらに多くの農業者が必要となるでしょう。

新しい農業者には、心があり、魂があり、家族、地域社会、市民権があります
アメリカは、この新しい農業者を頼れるでしょうか。できます。もし、彼らが真の家族農業者、持続可能な農業者であり続けることが可能で、土地や顧客を食い物にしたり、経済的生き残りのための虚しい企てへと無理強いされることがないならば。この新しい農業者は、真正の人間です。多国籍企業とは違って、彼らには心があります。魂があります。そして家族、コミュニティ、市民権を持っています。どこか他の場所でもっと金が稼げるというただそれだけの理由で、農業を止めて家族や友人から離れたりはしません。 自分が生まれ育った場所、家族のいる場所に根を下ろし、子供たちにもその場所で「根を伸ばして」欲しいと思うのです。彼らは、どこか他の国でもっと利益の上がる農業ができるというただそれだけの理由で、市民権を放棄してこの国を去ったりはしないのです。

新しいアメリカの農業者を支持するために
残る私たちにはどんな手助けができるのでしょうか。私たちは、地元農家の市場でもっと多くの食品を買うことができます。農業支援のための地域グループ(CSA)に参加することができます。顧客のところへ直接品を売りに行くのを厭わない地元農家を見つけ出して励ますことができます。 地元の食料品店やレストランの店主にできる限り地元の農家から買うように強く勧め、そのような人びとを支援することができます。そして、友人、近所の人、職場仲間にも地元のものを買うように薦めることができます。地元農家の人びとの、土地、市場、資本、また目的に適ったテクノロジーなどの利用に影響を与える地元や国の政治的問題に関わっていくことができます。しかし、同様に重要なのは、この新しいアメリカの農業者を支持するために、私たちの力の及ぶことなら何でもできるということです。結局のところ、私たちの食糧の安全確保ということも、私たち相互の人間関係や土地との関係の安定度の域を出ることはありません。そして私たちの大部分にとって、土地との関係は新しい家族農業者、最先端を行く農業者を介したものなのです。

 
 


ようこそニューファームへ
ニューファームとは
再生可能な農業とは
ロデール研究所とは
・背景と歴史そして現在
・活動内容
・研究所の所在地
・代表挨拶
・所長挨拶
・SNN秀明自然農法
トップページの記事
・よう こそ
・農業インターン募集
・オーガニック試験圃場
・「提携」の地を訪ねて
・秀明自然農法-序論
・黄島:室田禮治さん
・福岡:樽海靖夫さん
・姫路:中安伸明さん
・千葉:吉野修さん
・群馬:黒岩トキさん
・高橋さんと盛岡CSA
・SNA:スライドショー
・救援する消費者
・北海道長沼農家
・地球温暖化防止策
・キャベツ類を守る
トップページNEWS
・欧州GMOで政府に圧力
・旬の野菜は栄養豊富
・ミミズの排泄物は有益
・持続農業の効果
・日本、クローン牛報告
・WHO、精製糖提言撤回
・日本、有機不正表示
・ガラ紡愛好会
アメリカの記事
・アイオワのトム
・アイオワのトンプソン
・フラワービジネス(1)
・フラワービジネス(2)
・基本と実際そして夢(1)
・基本と実際そして夢(2)
・すばらしい手製ハウス
・ペニーパック農場
・マリキータ農場より
・家族を牧場へ
・農業経済講演録
・人はなぜ農業をするの
・マーテンズの転換記
・古き桃たちへの想い
・パラダイスを求めて
・南ニュージャージー
・オハイオのジャネット
・2年前の特報発掘!
・持続可能な放牧場
・カリフォルニア会議
・果樹園を訪ねて
・最後の言葉
・フィールドハウス
・別の圃場のあり方へ
持続可能性研究所より
・メキシコ湾酸欠海域
・どん底への競争
・化学物質の負荷
FST:農耕法比較試験場
・地球温暖化防止策
インターナショナルの記事
・ロシアでオーガニックを
・アルゼンチンより
・オンタリオより
・セネガルより
・キューバ農業視察記
ジェイソンの世界冒険
・イントロダクション
・はじまり
・タイへ
・ラオスへ
・再びタイへ
・インドへ

・さらにインドへ
・ヒマラヤへ
・ヒマラヤ スライドショー
・スペインへ
・冒険を振り返って
インターナショナルNEWS
・有毒性カビトウモロコシ
・CEOの法外な報酬
・ノルウェーチーズブーム
・デンマーク鶏肉事情
・韓国でキンパが躍進
・EU、GMO貿易規制強化
・ブラジルGMO表示
・エチオピアの飢餓に支援
・米国、エジプトに報復
・中国GM食品にNO
・アフガン小麦増産に
・アイルランドの大学で
・ベネズエラ、土地改革
・欧州委員会は拒否
・バチカンがGM支持!
・スペイン、GMに抗議
・イタリア、オーガニック
・アフガン、収穫物が腐敗
・英国、GMフリー牛乳
・誘引作物
・不耕起が炭素捕獲
ニューファーム協力団体
アーカイブ

英語版では農家の方々にウェブ上でアンケートするコーナーがあります。
このコーナーではアンケート結果を日々確認することができます。

アンケートは英語版
のみです。

常に最新の情報を入手したい方はニュースレター(英語版)に登録をどうぞ

英語版ニューファームは毎日更新しています。英語版ニューファームの最新の記事、コラム、ニュースを見逃さずに読みたい方は、月刊ニュースレターのe-mail配信の登録をどうぞ。

英語版ニュースレター登録はここをクリック!

アクションアラート
英語版のみ)

• 遺伝子組み換え(GM)汚染から種子を守ろう

• GM汚染に対抗しているサスカチュワンの農家を支援しよう

• 養豚の大規模経営による環境汚染に抗議しよう

お便りをください

あなたは農家? それとも消費者? お便りをください。そしてあなたの考えを皆と共有しましょう。

このコーナーは英語版.のみです。

T H E    N E W    F A R M – R E G E N E R A T I V E    A G R I C U L T U R E    W O R L D W I D E